オークション比較

ネットオークションとは、売りたい物を出品して、欲しい人がインターネットオークションで探して、入札し、オークション終了までの間に一番高く値段をつけた人が落札するというシステムですが、このネットオークションの比較ができるサイトがインターネット上にあります。

 

ネットオークションサイトは数多くありますが、このオークションサイトを比較してみましょう。ネットオークション最大手のヤフーオークションは、出品する場合には出品手数料がかかります。10.5円が出品1点ごとにかかります。ヤフーオークションでは、落札された場合に出品者側が落札手数料を負担する義務があります。落札された金額の5%が必要です。

 

楽天オークションでは、入札する場合も出品する場合も無料です。楽天オークションの場合は、落札された場合に限り、出品者側に3.15%の利用料がかかります。

 

ビッダーズオークションでは、入札、出品ともに無料となっていますが、ペットなどの生き物を出品する場合に限り、出品手数料が500円かかります。

 

MSNオークションでは、入札の場合も出品の場合も無料となっていますが、落札された場合は出品者は2.5〜10%の利用料が加算されるシステムになっています。

オークション検索

オークションでは検索で商品を探すことが一般的です。ヤフーオークションでは、この検索についてガイドラインかが設けられています。オークション検索で、探したいものを検索すると、検索キーワードには入れていない関係ないような商品が出てくることがあります。

 

オークション検索で、シャネルのルージュというキーワードで探したのに、ヴィトンのバッグやダンヒルの財布が出てくるといったようなことです。これは、ヴィトンのバッグの出品者とダンヒルの財布の出品者が、たくさんの人に自分の商品をみてもらいたいために、オークション出品の商品説明欄に、HTMLタグを使って、文字を白に消したままで検索キーワードとして、シャネルのルージュと入れてあるためにおきる現象です。

 

オークションでシャネルのルージュを検索して、ヴィトンやダンヒルがいっぱい出てくると、肝心のシャネルルージュを探すのに時間がかかってしまいますから、この検索ワードに出品商品とは無関係の検索ワードを書き込むことは、ヤフーオークションではガイドライン違反となっています。

 

商品に直接関係のない単語を商品説明欄に記載すること、これがガイドライン違反の規定とされています。

オークション価格

オークションに出品する時にオークションスタートの金額を設定する必要があります。オークションスタート金額の価格設定を安くしても、落札価格が安いままオークションを終了したら意味がありません。

 

以前のオークション事情なら、安い価格でスタートしても、最終的には入札数が上がり落札価格が高騰して、出品者側は儲かったという話も通用していましたが、現在では、オークションスタートの価格が低いと、落札価格もさほど上がらずオークションを終了してしまった、ということになりかねません。

 

オークションの価格設定は、スタートの時点から、これ以上安価では赤字になるという、ギリギリの価格からのスタートが、オークション出品で損をしないということになります。

 

オークションの出品時に価格を決定するなら、スタート価格が、これ以上安くは売れないという希望価格からスタートすることをお薦めします。

 

こうすることによって、たとえ入札が1人しか入らずに、スタートの金額のままで落札されてしまったとしても、損害を被ることはありません。安く売って赤字を出すと、何をしているのか意味がないですから、オークション出品する場合は、少しでも売り上げを上げて、損をしないようにすることが無難なやり方だといえます。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1キャッシング 審査10
2審査のゆるいカードローン10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1審査のゆるいカードローン10
2キャッシング 審査10